外壁塗装

ますなお住まいの外壁をセルフチェックしてみてください!

▼こんな症状にご注意ください▼
○壁を触ると、手に白い粉が付く     【危険度★☆☆☆】
○カビやコケが発生している     【危険度★★☆☆】
○ひび割れが発生している      【危険度★★★☆】
○塗膜が剥がれて来ている      【危険度★★★★】

上記のような症状を発見した場合、そろそろ塗り替えのタイミング。
塗膜の剥がれやひび割れといった症状が進行してしまうと、雨漏りを引き起こす可能性があります。
そうなってしまってからでは費用も高くついてしまうため、早めの塗り替えを心掛けましょう。

塗り替えのタイミングは10年に1度を目安に

外壁塗装の役割は、住まいの美観を整えるだけではありません。
もちろん塗り替えを行うことで、見栄えは美しくなりませが、塗装本来の役割は紫外線や雨風から住まいを守ることです。
外壁面の表面を塗膜でコーティングすると、建物内部への水の浸入や、建材の劣化を防ぐことができます。
塗り替えの目安は10年と言われていますが、外壁材や塗料の種類、立地環境によっても異なりますので、一度ご自宅をセルフチェックされることをオススメします。
防水性を失った外壁をそのままにしていると、外壁の劣化がどんどん進行していきますので、何か気になる症状を見かけられた際はお気軽にご相談ください。

外壁の劣化症状を放置してしまうと、こんな事に!

○雨漏りの発生
水の浸入を防ぐ塗膜がボロボロになっていたり、ひび割れを放置していると、雨水が建物内部に入り込みます。
天井にシミができていたり壁紙が濡れている場合、雨漏りしている可能性がありますので、何か気になる症状が出ていましたらすぐにご連絡ください。

○シロアリの発生
塗膜の劣化によってコケやカビが繁殖し、さらに症状が進行すると、湿気を好むシロアリが発生することも。
シロアリは建材を食い荒らし、建物自体の強度を著しく低下させてしまいます。
建物の資産価値が下がってしまうため、注意が必要です。

○機密性・断熱性の低下
塗膜の劣化→ひび割れ→外壁が反り始める。
上記のように症状は進行し、外壁部分にあらゆる隙間が生じてきます。
機密性・断熱性が低下すると、夏は暑く冬は寒い住空間となってしまいます。

一覧ページに戻る