防水工事・シーリング

屋上やベランダ、バルコニーといった箇所は雨水がたまりやすく、防水工事が必要です。
防水工事は新築時にどんな建物にも施されていますが、塗装と同様に年月の経過によって劣化していきます。
防水性が失われると、雨水が内部に浸入してしまい、建材の腐食やカビ菌の発生など、建物の健康状態が損なわれてしまうため、不具合が見られる場合は防水工事を行いましょう。

施工箇所
屋上・ベランダ・外廊下など

防水工事の長所
・防水層が軽量なので、建物に負担をかけない
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・複雑な形状の場所にも施工可能
・既存の防水層の種類を選ばず、環境にも優しい

シーリング工事

水回り設備や、窓回りで、隙間に水が浸入しないようにゴム状の目地材が埋められているのをご存知の方は多いかと思います。
これはシーリングやコーキングと言われるもので、建物の外壁でも用いられます。
住宅外壁の場合は、防水性を高めることはもちろんですが、衝撃の吸収や建材同士の衝突で破損しないようにする役割も。
シーリングが劣化すると防水性能だけでなく、そのような役割も果たすことが出来なくなるため、増し打ち工事や、打ちかえ工事が必要になります。

目地材の役割
・雨水の浸入を防ぐ
・外壁材の隙間を充填するため、気密性の向上
・建材同士が衝突しないための緩衝材として
・外壁材のヒビ割れ補修にも

一覧ページに戻る